皆さんシングルCDのカップリングって聞きますか?

※35xxxvライブのネタバレ注意!










今回は、ONE OK ROCKの「The Beginning」のカップリング曲、「欠落オートメーションについてちょっと語ろうと思います。 


まず、なぜ急に「欠落オートメーション」なの?

それは、先日参戦したライブでワンオクが歌っていい曲だと思ったから。

まず、このライブのオープニングは35xxxvアルバムの中の「Fight the night」から始まるのですが、ワンオクのメンバーの影だけが登場、そして聞こえてくる歌声と演奏が完全に心を掴んで離しませんでした。

続いて僕がワンオクの曲の中でもトップ3に入るくらい好きな「The Beginning」

なんだこの流れは、最高すぎる。

次は一体どんな曲がくるんだとワクワクしていると流れてきたのは、聞いたことあるけどタイトルが浮かばない曲…

それが「欠落オートメーション」でした。

なんてカッコいい曲なんだ!早く曲名が知りたいと心の中でずっと思っていました。

どの辺がカッコいいの?って聞かれると説明が難しいのですが、メロディーと歌詞がマッチしてるというかなんというか…

Takaが言いたいことがストレートに伝わる感じがします。

それと歌詞に、

"何気なくつけたテレビに映る愛想笑いしたその小さい子に
僕は実際一切癒やされることなく
自分を重ね合わせてみたりなんかしちゃったりして
Ah
 "
 
Song by ONE OK ROCK:欠落オートメーション

という部分があるのですが、これはTakaがジャニーズにいた頃を思い出したってことじゃないかなと、勝手に解釈してます。

下手するとジャニーズを敵に回すかもしれないのに、言いたいことを素直に歌詞にして歌ってしまうONE OK ROCKがすごくカッコよくて好きです。

最近は、一瞬洋楽?と思わせるような楽曲が多いのですが、この曲はまさにワンオク!って感じで、初期のONE OK ROCKが好きな人は絶対に気にいる曲だと思います。

「欠落オートメーション」ライブに行かなければ良さに気づかなかった名曲です。


語るって言うわりに短いブログになったな。やっぱりワンオクファンと直接語りたいんだよね…