スニーカーのソールを保護する為に、SOLE SHIELDS(ソールシールド)を購入したのでレビューします!

RESHOEVN8R(リシューブネイター)
SOLE SHIELDS (ソールシールド)

セット内容はこちらの3点で、他に必要な物はハサミ、ヘアドライヤー、布です。

それでは使い方を軽く説明していきたいと思います♩



まずは、こちらのクリーニングパッドでスニーカーのソールを綺麗にします!



泥などの落ちにくい汚れがある場合は、前もってジェイソンマークなどで落としておいた方がいいですね♩



ソールが綺麗になったらソールシールドにスニーカーを置いてペンで型を取ります。



この時スニーカーの大きさより少し大きめになぞった方がいいようです。ペンがスニーカーに当たらないように気をつけましょう!




両足分型を取り終えたらなぞった線の内側をハサミで切り取っていきます。



切り取ったシートをスニーカーに貼り付けるのですが、溝などに空気が入らないよう、なるべくピッタリ貼り付けます。



貼り終わったらヘアドライヤーでシートを密着させていきます。



火傷しないよう布などでソールシールドをスニーカーになじませるように押し当てると綺麗に仕上がります。



最後に滑り止め保護シートを好きな大きさにカットして貼ります。僕はカットせずにそのまま貼りました♩



これで完成!どうでしょう?初めてにしてはまあまあうまくいった気がします。



シートを若干大きく切りすぎてサイドから少し見えるのが残念ですが、透明なのでそこまで目立ちません♩



それとYEEZY BOOSTはソールの溝が凸凹しているので、どうしてもシートが密着せず、ここから剥がれてきそうな感じはあります。



剥がれてきたら張り替えとは簡単にできる価格ではありませんが、大事なスニーカーを大切に綺麗に履くには安い買い物だと思います☆

あとはcrepの防水スプレーをかけて、新しく購入したインソールを入れればようやく外で履くことができます!


履いた感想やサイズ感は後日またレビュー記事を書きます♩
☑️YEEZY BOOST 350 V2 ZEBRA 購入レビュー|イージーブースト・ゼブラ・アディダス・adidas