ドラマ「陸王」の最終回を身終え、最高に感動しております!!
image

◆ドラマを見ての感想

元々、適当にとりあえず予約していたドラマの中の一つで、ランニングシューズ作りというのがスニーカー好きとして興味があり、毎週見るようになりました。

初めは靴はどんな風に作られるのかという視点で見ていましたが、回を重ねるごとに話の内容が気になって気になって仕方なかったです!

劇中に登場する足袋屋の「こはぜ屋」と竹内涼真さん演じる茂木選手の絆的なものがすごく泣けました。

個人的にアトランティスJAPANの社長のその後と、こはぜ屋の5年後が気になるので、是非スペシャルでもいいので続編を希望しています!


◆スニーカー作りの大変さ

劇中に登場するランニングシューズ「陸王」。


元々、足袋屋のこはぜ屋がこの靴を作り上げるのには相当苦労していました。

そんな簡単にはいかないとは思っていましたし、ドラマだからうまくいっていたけど現実はもっと大変なことでしょう。

実際、この陸王を販売するには問題があるようで、まず人は一人一人指の形、大きさが違うので、足袋のように別れた先端部分が万人に合うように作ることは難しいようです。

他にもアッパー、ソールの素材、ランニングシューズなら履き心地やソールの減り具合まで考えると気が遠くなりますね。

よくスニーカーとアーティストのコラボなどがありますが、元々あるモデルの原型はそのままに、カラーやちょっとした素材変更というのが多いのは、全て1から作ろうとしたら大変な時間と費用がかかるからなのかなと思いました。

なので、今年話題になったナイキとオフホワイトコラボは、よくあそこまで原型を崩したなと改めて思います。その分履き心地は、うーん・・・て感じでしたがw

まぁ、おしゃれで履くスニーカーなら問題なしか。


とりあえず陸王が感動していいドラマ過ぎたので気持ちを殴り書きしてみました!今期1番感動して日曜日が来るのが楽しみで仕方なかったドラマです☆