コメントでリクエストを頂いたので、僕のスニーカーを履いてから収納までの流れを紹介したいと思います!

履いた後の汚れ

履いた後の汚れに関しては以前記事にしましたが、軽く説明すると、キリでソールの溝に挟まった小石などを取り除き、ウェットティッシュで汚れを拭いて自然乾燥させます。

IMG_1393

IMG_1394


キリもウェットティッシュも100均で手に入るので、かなりリーズナブルです。

どうしても取れない汚れはジェイソンマークを使っています。



収納方法

収納に関しては、以前はフタ付きの収納ボックスに一足ずつ入れていたのですが、そうするとスニーカーの箱と収納ボックスでかなり場所を取るのと、お金がかかり過ぎるので、現在はスニーカーのボックスをそのまま収納ケースにしています。

それと100均のシューキーパーを全てのスニーカーに入れていましたが、バネの力が強すぎて壊れそうなのでやめました。

現在の収納はかなりシンプルで、上記の汚れ取りをした後、100均のジップロック的な袋に入れて軽く空気を抜き、箱に直接乾燥剤を入れてフタをするだけ。

IMG_1515

IMG_1516

IMG_1517

乾燥剤は袋の中に入れた方がいいのかもしれませんが、白いソールが黄ばんだという事例があるのでやめました。

箱に入っている紙と段ボール製のシューキーパーなどは、思い切って全て処分して黒タグや替紐などだけ残しています。

IMG_1518


保管方法

保管に関してはそこまでこだわりはなく、普通に箱に入れて重ねています。ただ、やはり湿気が怖いのでこれまた100均の除湿材を周りに何個か置いています。


こんな感じで、本当にスニーカーを大事にしている人に比べたらシンプル過ぎるのかもしれませんが、最低限のことはできていて、今のところ問題はないのでこれでいいかなと個人的には満足しています。

気を使い過ぎても精神的にスニーカーを楽しめないのでw


よく履くスニーカー

全てのスニーカーを箱に入れてしまうと、いざ履くときに面倒な場合があるので、よく履くスニーカーは玄関とシューズラックに何足か保管しています。よく履くので、汚れ取りなどは余程のことがない限りやらずに置いています。



上記の方法は2019年2月現在のやり方で、また収納・保管方法などが変わったらブログで記事にさせて頂きます。