梅雨があけてようやく夏らしい気温になり、暑すぎてパンツはショーツしか穿いていません。

今でこそ普通にショーツを穿いていますが、実は僕がショーツを穿くようになったのは、高校を卒業してからで、それまでショーツは嫌で穿いていませんでした。


なぜショーツが嫌だったのか

なぜショーツを穿くのが嫌だったのかというと、よくある理由ですね毛が濃かったから。。

なぜか僕の周りの男子は毛が薄く、まわりの女子達の目線が気になり、極力ショーツ、短パンを避けて生きていたんです。


なぜ穿けるようになったのか

ある日ネットでショーツをすごくオシャレに穿きこなしているひとがいて、どうしても穿きたくなり、男はすね毛は濃いもんだ!と自分に言い聞かせて、すね毛が濃い恥ずかしさよりも、ファッションを楽しむ方を取ることで、ショーツが穿けるようになりました。


剃る

すね毛を気にしないということで、穿けるようにはなったものの、やはり人からの目線は気になりました。

そこで、僕が試したのはすね毛を剃るということ。

肌が痛むなどは全く考えず、カミソリで全剃りしたのですが、剃り残しが黒くポツポツと残り、剃り過ぎのところが血で赤くなるという最悪の結果でした。

しかも、伸びると前より濃くなった感じがして、もう2度と剃らないと誓いましたね。


脱色

剃るの次に試したのが、脱色ですね毛専用の脱色剤で色を抜きました。

これは過去試したすね毛対策でも大成功の方法で、すね毛を茶色にすることで、肌と馴染んで目立たなくなりました。

効果もかなり持続するので、お手入れする時間がない学生さんにもおすすめです。


すく

髪の毛をすくというのはよく耳にすると思いますが、すね毛をすくというのはあまり聞いたことがないと思います。

ただ、この方法、実は僕が1番おすすめしたいすね毛対策なんです!

昔はすね毛なんてない方がいいに決まってると思っていましたが、30歳を超えてからは男でツルツル過ぎるのは気持ち悪いという、なんともわがままな気持ちが芽生えてきました。

そこで、すいて自然なすね毛スタイルにしてしまおうと思い、すね毛専用のすきカミソリ的な物を購入。

結果は最高で、女性からの評判もよく、今後はずっとこのスタイルでいこうと思っています。


それでも、やはりツルツルがいいという方は、自分でカミソリで全剃りはせず、ちゃんとした脱毛サロンに行くことを心からおすすめします。