ファッションに関して、ダサいのが嫌だからオシャレになりたい、でも、オシャレしてると思われるのもそれはそれで恥ずかしい。

ダサいと人からの目線が気になるし、オシャレをしても自分に自信がないから、逆にバカにされるのではないか、そんな複雑な心境になったことが過去にあります。

今回は、そんな時はどんなファッションをすればいいのかについて書きます!

オシャレは普通でいい

人からダサいと思われないようにするには、オシャレにならないといけないと思いますが、僕はまずは普通でいいと思っています。

オシャレの定義も人それぞれなので、どこからがオシャレしてるというのも曖昧なのですが、とりあえず普通の格好をしてみることをおすすめします。

普通ならダサくもないし、かといってオシャレして頑張ってる感もでないですからね。


普通って何?

僕の中での普通のファッションは、「自分に合ったサイズ、色の服を着ること」です。

あえてのオーバーサイズや、ド派手なカラーやデザインの服を着ることがオシャレなのに対して、自分に合ったもの、つまり似合うものを着ておけば間違いありません。


自分に合う服とは

自分に合う服を着ろと言われても、おそらくこの記事を真剣に読んでくれている方は、それがわからない方も多いかと思います。

そんな時は、アパレルショップでスタッフに選んでもらうのが手っ取り早いです。

ただ、ショップスタッフを否定するわけではありませんが、中には似合っていなくても、とりあえず売り上げを上げる為に「似合ってますねぇ〜」という方も実際にいます。

なので、1番は自分で色々試着して似合う服を見つけられるようになるのが理想です。

まずは、普通を目指して、ベーシックアイテムを安く揃えられる、GUやユニクロなどで試してみることをおすすめします。