ナイキの名作スニーカー「AIR FORCE 1(エアフォース1)」の魅力について語ろうと思います!
IMG_2433

AIR FORCE 1(エア フォース 1)とは?

エアフォース1とは、1982年にナイキから発売された、大統領専用機から名前を得たバスケットボールシューズです。


エアフォース1との出会い

僕がエアフォース1(以下AF1)を初めて履いたのは、スニーカーブログを書いているわりに、実は2年くらい前の話です。

AF1といえば、世間的には僕の年代だと中学生の頃にみんな履いていたイメージ、だと思うのですが、なぜか僕の通っていた中学校はコンバースのオールスターが流行っていたので、AF1は雑誌でB系のお兄さんが履いているイメージでした。


なぜ履くようになったのか

中学生の頃は上に書いたように、B系のお兄さんがボロボロになるまで履いているイメージで、20代前半の頃の僕の服装には合わないと思い履こうとは思いませんでした。

しかし、25歳頃からストリート系の服やアクセサリーに目覚め、同時にスニーカーも好きになり、そこからAF1に出会うのは時間の問題でした。


エアフォース1の合わせやすさ

AF1はロー、ミッド、ハイカットがあるのですが、僕はミッドから入って、今はローカットにハマっています。

ミッドカットよりもローカットの方が、色々なパンツに合わせやすく、ロングパンツ、ショーツどちらもバランスよく履けるのが魅力です。

カラーは白ベースがおすすめで、こちらのスウッシュが黒のAF1に関しては、紐を白から黒に変えたところ気に入ってしまって、先日ゾゾタウンのセールでストック分として二足目を購入したほど好きです。

IMG_2434

エアフォース1は安くて手に入りやすい

AF1の魅力は、見た目はもちろんのこと、その手に入りやすさも魅力です。

インラインモデルであれば、大体いつでもどこでも買えるし、価格も1万円ちょいと、学生さんでも手を出しやすいところがいいですね。

安くてカッコいい、これほどコスパがいいスニーカーは他にないと思います。


本当はコーデなどを合わせて語ると、もっと長くなるのですが、この辺で終わりにしておこうと思いますw