みなさん「恋」してますか?

自分はしばらくしていません。

大人になると、好きだけではどうにもならないことが多いですね。

あの頃のキュン🫰みたいなのが懐かしい(笑)

現在、30代後半になろうとしていますが、結婚に焦ってる訳ではありません。

ただ、世間体やまわりからのプレッシャーが痛い。。

恋したくない訳でもない。

一人暮らしが楽で楽しいから慣れてしまったのが1番かもしれません。

これではいけないと思い、試しにマッチングアプリをやってみました。

これがまぁ、マッチングしない(笑)

したと思ったら業者ばかり。。

イケメンならマッチングし放題なのかもしれません。

しかし、昔でいう3高の真逆である「低学歴、低身長、低収入」の3低の自分には勝ち目なし(笑)

運良くマッチングした方とも、楽しい会話は続かず、現実的な話ばかり。。

ちなみに、現実的な話とは、長男なのかどうなのかということ、

「将来的に親の面倒は誰がみることになるのか問題」を遠回しで聞いてるわけです(笑)


こんな話をしていると「恋ってなんだっけ?」状態になるわけです。

そんな時、たまたま見た『あの頃、君を追いかけた』という映画。

天真爛漫な山田裕貴さんと、クラス1優等生の斎藤飛鳥さんが恋する物語。

ちなみに台湾映画のリメイクらしいです。

学園もののキュンキュン映画なのですが、こんな恋がしたかったなぁとしみじみ思いました。

ん?

「したい」ではなく、「したかった」になってますね。

そうです、もう歳なんですよ。。

こんな綺麗な恋は、若いからできるものです。

若い方がこのブログを読んだら、ひねくれてるとしか思わないんだろうなぁ(笑)

でも、この歳になって、ある程度の恋をしてきたらわかると思うよ(多分)

この映画も、好きだけじゃダメってことを思い知らされる部分も描かれています。


はぁ。。斎藤飛鳥、かわいい。